自営業でも借りられる住宅ローンを比較

住宅ローンを借りたいときはまず、どの金融機関に借入れを申し込もう決めないといけません。
例をあげると、地方銀行や労金、都市銀行やネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを借りられます。
金融機関ごとに住宅ローン審査基準はことなりますが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定されているのも特徴です。
ネットバンクは月々の返済を少額にしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。
自営業の方が自営業者の住宅ローンを組む際は自営業の場合の頭金を用意しておくことをおすすめします自営業の場合の頭金無しでも住宅ローンが借りられる!という広告もありますが、自営業の場合の頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただし、金利が高くなって返済額が多くなります。
返済を少しでも少なくして、審査に通りたいならやはり、最初に頭金を準備しましょう。
自営業の場合の頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を購入する際は書費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
自営業者の住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。
ですので、低価格で安心安全の利用者も多い是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。
まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。
こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として割引される嬉しいサービスが付いてきます。
お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。
他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。
近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、少しでも贈与税と住宅ローン減税について調べておくと安心です。
親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、その内の一割を税金として支払うものです。
110万円以下であれば、税金はかかりません。
65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。
他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。
人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。
何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。
しかし、変動は毎月の返済金額が異なるためにローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。
にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は調査によると40%の方が利用しているそうです。
これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。
自営業でマイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは資金繰りの事ではないでしょうか。
全体的に、銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。
申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。
支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。
この団信生命保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残った借金が0円になる。
という保険です。

http://www.jieigyo-hikaku.com/