ギベオンの成分とその性質とは?

ギベオンは1936年にアフリカ南部にあるナミビア共和国の発見されたギベオンというところで発見された鉄トニッケルが成分の鉄隕石です。
宇宙から地球に落下したのは約4億5000万年前と言われています。
隕石は宝石として扱われたり、御神体として神事や祭事に使われてきました。
ギベオンと言えばウィドマンシュテッテン構造と言われる神秘的な模様が有名ですが、これは鉄とニッケルの混合物が300℃から900℃10万気圧(惑星の中心部の様な環境)で温度がっす℃下がる時に鉄とニッケルが分離をはじめています。
これを研磨するときに酸につけると、鉄が多い部分、ニッケルが多い部分と溶け方が違い独特の模様が出来ます。
この模様こそが、これが地球外で出来た物質である証拠なのです。
鉄隕石は実際に秤ではかる重さよりも、手で持った時の方が重く感じます。
それは隕石が地球に引かれて落ちてきたこととに関係があると言われています。
この宝石は、鉄を多く含むので、基本的に酸化されやすく錆を防ぐためにロジウムなどでコーティングされています。
ギベオン隕石効果とは?石言葉・意味を紹介!【相性の良い石は?】